大器晩成型の人に訪れる黄金時代について詳しく説明いたします。

努力しても努力してもなかなか芽が出ない。

何をやってもうまくいかない、実感できた試しがない。

そんな方は才能がないのではなく「大器晩成型」なのかもしれません。

下積み時代が長く、才能が開花するまで時間がかかるタイプというのはなぜかスピリチュアルに興味のある方が多いものです。

ですからこのブログにたどり着いたあなたもなかなか願いが実感できなくて苦しんでいるのだとしたら

それは大器晩成型なのかもしれません。

今回は大器晩成型のみに訪れる人生後半にやってくる

「黄金時代」について説明していきたいと思います。

黄金時代とは?

かつて、ある国家や地域は財の採掘や流通で経済的にも文明的にも繁栄しており、人間は神々と共に住み生きておりました。

世の中は調和と平和で満ち溢れており、争いも悲しい出来事、良くない事に走る方もいませんでした。
あらゆる産物が自動的に生成され、労働の必要もなく、多くの方は苦しむことなく、安らかに旅立っていきました。

こんな「害」や「苦」が無く、「楽」と「平和」に満ちた時代の事を

黄金時代と呼ぶのです。

類義語としては全盛期、絶頂期などがありますね。

一言で言えば人生において「とても良い時期」の事です。

あなたも既にとても良い時期は経験されたかもしれません。

ですがそれは黄金時代ではない可能性があります。黄金時代は誰にでも平等に訪れるわけではありません。

黄金時代へと続く扉は誰の前にもあります。

ですがその扉を開けるには大器晩成型であり、以前からコツコツと努力を積み重ねてきたこと。

真面目でチャレンジ精神に溢れていること。

そして前世から多くの「陰徳」を積んである必要がございます。

陰徳とはなにか

陰徳とは人に知られず積んだ徳のことです。
功徳を積んだことで表彰されたり 多くの人に その善行が知れ渡ってしまうとこの時点で その徳は陰徳ではなく 陽徳になってしまいます。
陰徳と陽徳とで異なるのは「陽徳は その人1代限りの徳」で
「陰徳は次の代までつづく徳」です。

あなたが大器晩成型であれば、この陰徳も知らず知らずのうちにコツコツと積んでいる可能性が高いはずです。

そしてその前世から受け継いだ陰徳がある一定のラインより上になると黄金時代へ突入することがあるのです。
因果応報というように過去および前世の行いの善悪に応じて現在の果報へと繋がっていくのです。

黄金時代はいかなるものになるかは個人差がかなり大きいのですが、大体の場合において以下のような恩恵を得られることが多いです。

黄金時代に突入することで得られる恩恵。

経済面…巡ってくる財量が徐々に増えていくことになり、場合によっては働かなくても生活でき、セミリタイアも十分可能となってくる。

生活面…大きなトラブルも無く、周囲の人間とも良好な人間関係を保つ事が出来る。

周囲の人の反応…あなたの個性や生き方を多くの方が認めてくれるようになり、友達の輪が増える、また多くの良き方とも巡り合う事にもなる。

パーソナリティ…多くの良き方と接していくうちに良き影響、良き気をたくさん頂く事となり、より良い人格・性格へと変貌していく。

時間の流れ…財面、生活面にも余裕が出てくることで、時間に追われる事は無くなり、穏やかなスローライフを送る事が出来るようになる。

問題・トラブル…大きなトラブル・問題からは解放され、ストレスなく暮らす事が出来るようになる。

「信じられない」

そんなあなたの声が聞こえてきそうですが、そんな信じられない時代こそが

「黄金時代」なのです。

そしてこれから恐らくもっと信じがたいであろう事をお伝え致しましょう。

黄金時代の平均持続期間

黄金時代は人生の全盛期ですがいつかは終わってしまうものです。

しかし、黄金時代というものは非常に長く続くことが多いです。

そんな黄金時代の平均持続期間はなんと

「50年」

です。

黄金時代はなんと平均「50年」にも渡って続いていく事になるのです!!!

つまり50歳の時に黄金時代に突入すれば、100歳まで黄金時代は続く事になるのです。

黄金時代においては絶頂のまま最後を迎えることができることが多いのです。

何歳になっても「人生のピークは今」といえるのはこの黄金時代を体感した方だけが得られる特権のようなものです。

通常、ピークを迎えた後は緩やかに(あるいは一気に)落ちていくだけです。

栄枯盛衰というようにそのサイクルからは逃れられません。

そして一度頂点を味わってしまうと、そこから転落していくのはより辛いものがあります。
著名な方がかつての栄光が忘れず、過去に
しがみついてしまうのは、かつて絶頂だったあのころをもう一度体感したいからなのです。

しかし黄金時代は長期にわたり「落ちる」ことはないのです。
少なくとも50年は。

黄金時代を迎えれば自然とピークを迎えます。

しかしそこから落ちることなく、そのピークを維持出来るのです。
常に頂点で良い生活、良い状況を維持出来るのです!

50年といえど終わりはありますが、50年たった頃には既に十分すぎるというほど喜怒哀楽のうちの喜や楽は体感出来ている状態です。
ですからそこから後悔したり、絶望したりする事はまずないでしょう。

まさに究極の大器晩成イベントといえましょう。

Bさんの例

もっとわかりやすい例として過去に黄金時代を体験したBさんの体験をお話したいと思います(※掲載許可はいただいております)

Bさんも大器晩成型であり、黄金時代を迎えるまでは苦労の連続だったようです。

Bさんは当時、仕事も出来ず、コミュニケーションもうまくとれないことで会社のお荷物になっていることにお悩みでした。
やる気はあるのですが、完全に「使えない人」として社内の人からは認識されており、仕事もロクに与えてもらえずBさんは空気のように扱われていたそうです。
当然、給与面も満足のいくものではなく、何とかギリギリ生活出来るレベルで贅沢はもちろん、お金を貯める事も出来なかったようです。
しかし、そんなBさんに黄金時代が訪れました。
黄金時代が訪れて数日後、唯一仲が良かった元同僚からメールが届きました。

『会社を立ち上げたんだが、人出が足りない。
良かったらお前も手伝ってくれないか?』

その連絡に何かを感じBさんは勤めている会社を辞めて、友人が
立ちあげた会社で働き始めたのです。
するとBさんのアイディアや仕事ぶりで会社はすぐに軌道に乗り、みるみる内に売り上げを伸ばしていったのです。
自分の行いが会社の大きな売り上げに繋がったことで、Bさんは大きな自信を得て以前は無かった積極性が出てくるようになりました。
そしてその積極性により、Bさんはたくさんの仲間が出来るようになったのです。
その実績から多くの財を得られるようになり、多くの方から認められるようにもなりました。

ちなみにBさんの黄金時代はまだ続いているようで、今も良い暮らし、良い仲間に恵まれて楽しくやっているようです。

まとめ

自分は大器晩成型だ、という自覚があるのであればあなたには「黄金時代」がやってくる可能性がございます。

大器晩成の方は初期・中期はBさんのように苦労の連続です。

何をしても結果が出ない、報われない。

仕事・恋愛・家庭

全てにおいてうまくいかない、失敗だらけ、という方も中にはいらっしゃいました。

ですが、そんな大器晩成型に訪れる最大のご褒美が黄金時代だと思ってください。

しかし・・・黄金時代の突入にはBさんのように何か「きっかけ」となることが必要です。

そんなきっかけがないと、いくら大器晩成型でこれまで血の滲むような努力をしていても黄金時代に突入できないまま人生を終えてしまうことも・・・

残念ながらよくあります。

ですが、私であればその「きっかけ」を与えることも、黄金時代の到来を早めることもできます。

誰にでもできるというわけではございませんが、大器晩成型の方であれば希望はございます。

我こそは大器晩成型だ!!という方はどうか私まで遠慮なくご相談をください。

すぐにあなたに黄金時代のきっかけを与えていきますからね。

相談&初回限定のみ鑑定は無料ですので、お気軽にご相談ください。また私の鑑定スタイルなどについてはこちらを参照ください。 友だち追加
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG