妖精は実在している!?その種類と出会い方も紹介

今回は「妖精」についての話です。

妖精というとファンタジーやSFなどのフィクションの中だけの存在と捉えている方が多いですが・・・

実は妖精は実在しております。

もちろん、非常にスピリチュアルな存在ですので目に見えないものなのですが、今回はそんな妖精について詳しく解説させていただきます。

妖精とは

妖精とは一言で言えば「自然霊」のことです。

そうなんです、妖精も実は「霊」の一種なのです。

妖精の他には稲荷、龍神、天狗などの存在が自然霊とされております。

山の神・海の神などの「神」もこの自然霊の中に含まれております。

妖精は主に「森」に住んでいる自然霊となります。

森によくいく、自宅の近くに木々が多いという方は日常的に妖精と触れ合っている可能性が高いですね。

ですが全ての自然霊に言えますが、肉体を持っておらず「魂だけ」の存在です。

妖精といえば透き通った羽が生えており、赤い目をしており、とんがった帽子をかぶっている・・・

というイメージがあるかもしれませんが、あれはフィクションの作品で広まった姿だと思われます。

実際は、スピリチュアルパワーが豊富な私でも「感じることのみ」ができる非常にスピリチュアルな存在なのです。

 

妖精が見たことがあるという人について

ですが中には

妖精を見たことがある

などと発言されている方もいるようです。

ならあれは嘘だったの?と思われたかもしれませんが、必ずしも嘘とは限りません。

守護霊や、守護動物霊、守護神など自分を守っている存在の中には非常に小さく可愛らしい存在もいる場合があります。

体のサイズと、持ち合わせている潜在的なパワーは比例しないのです。

そして「妖精が見えた」という方はそんな自らの護り手を妖精と見間違えている可能性があります。

スピリチュアル能力や霊感が高い方はもちろん、普段は低い方でも運気の流れなどで一時的に高まると、普段は見えないものが見えたりします。

そんな時、妖精を彷彿させる小さな護り手をうっかりと発見してしまうと・・

「妖精を見た!」という誤解を生じてしまうのです。

実際、「私の近くに妖精がいます!詳しく調べてください!」などといった調査依頼をよく受けますが、その正体は守護霊や守護動物霊だった、という場合が多いです。

ですが・・・非常にまれですが肉体を持った「本物の妖精」であることもあります。

もし、妖精のような存在を近くで見て気になる場合はすぐに調査しますので、お気軽にご相談していただければと思います。

西洋の妖精

妖精は西洋が本場と言ってもいいほど、たくさんの種類が存在しております。

クー・シー

想像上の物語では全身に長い暗緑色の毛を生やし、丸まった長い尾を持つ牛並みに大きな犬として描かれます。

妖精達の番犬ともいわれており、非常に素早いのが特徴です。

人間に力を貸すこともありますが、個体によっては人間を襲うことも。

エルフ

ご存知の方も多いであろう妖精、エルフ。

森や泉、井戸や地下などに住み、心の綺麗な人間を好みます。

犬や猫などの動物も大好きであり、純粋な妖精です。

西洋の妖精と思われがちですが、実は日本にも生息しております。

ゴブリン

良くない妖精の代表格です。

創作作品でも悪役として醜悪な姿で描かれることが多いです。

人間の心を惑わせ、良くない方向に導く力があります。

ケット・シー

人語を自在に操る妖精。

猫の魂が転生した姿とも言われており、人間になつきやすいです。

人間にとっては有益な妖精であり、超常現象を巻き起こす不思議な力を持っております。

ドワーフ

「とても背の低い人間」「小さきもの」という意味を持つ妖精。

実際、その魂はとても小さいのですが、その小さな魂とは反比例するほど強力なエネルギーを持っております。

成長を促す特殊なパワーを持っており、森が豊かに育つのもドワーフのおかげだという説もあります。

ピクシー

幸せを呼ぶ、とても縁起のいい妖精です。

頭に四葉のクローバーを乗せると姿を見られるようになると言われております。

トロール

ノルウエーに生息されているという良くない妖精です。

あまり知能は高くなく、人間へ良くないいたずらを働く個体が多いとされております。

日本の妖精

ここ日本にも実は妖精はたくさん存在しております。

今回はその中でもあまり知られていない妖精をピックアップしてみました。

木霊

木霊とは樹木に宿る精霊です。

特に御神木などの特別な木や、樹齢の長い木に宿る傾向にあります。

森のマイナスイオンを発生されているのはこの木霊だと言われております。

土身霊

土身霊は土に住む妖精。

地味な存在ですが、土に栄養を与えたり、植物の成長を促進させたり、土の硬さを調整したり・・・

などなどその役割は多岐に及びます。

鎌鼬(かまいたち)

鎌鼬は自然現象として語られることも多いですが、その自然現象を引き起こしているのは精霊の仕業なのです。

人間を傷つける良くない「妖怪」として語られておりますが、実はその役割は枝打ちや草刈りなどです。

草木が伸び放題にならないように、調整するのが鎌鼬の役割なのです。

ですがたまに「事故」も起きるため、その事故がピックアップされ良くない存在として認定されてしまったのだと思われます。

火霊

サラマンダーとも呼ばれており、文字通り火を司る精霊です。

人間が意識的に起こした火に宿るとされており、「火属性」の人間には大きな力をもたらすとされております。

基本的には人間にとって良い存在ではありますが、たまに勢い誤ってボヤを起こすこともあります。

座敷わらし

旅館などに居着く小さな子の精霊です。

妖怪として扱われることが多いですが、実は座敷わらしも妖精の一種です。

座敷わらしが居ついた家には幸福が訪れると言われております。

神動霊

人間に食べられた動物の魂が妖精となったものです。

人間に恨みをもっていると思われがちですが、そうとは限りません。

「感謝」を持って食された神動霊は積極的に人間の力になろうとします。

妖精と出会うには?

よくこの質問をいただくのでこの場を借りてお答えしたいと思います。

妖精は人間の意識を読み取る能力があり、非常にシャイな存在です。

ですから「妖精に会いたい!出会いたい!」という強い意志を持って森を散策しても逆効果です。

その意志を読み取り、妖精たちは逃げてしまうのです。

ですから妖精と出会いたいのであれば、雑念を捨て「妖精に出会いたい」という欲求を抑えることが大切です。

それと、本文中でも触れましたように妖精は魂だけの存在がほとんどなので基本的には「見ることはできません

そして日本の森の中にも実は妖精が住んでいる森が存在しております。

私のYOUTUBE動画で取り上げたこちらの森がまさに妖精の住む森となります。

こちらの動画を通してガイド役の妖精とのご縁が生じる可能性が高まります。

上記の注意事項に気をつけてご視聴いただければと思います。

そしてよろしければチャンネル登録も合わせてしていただけると嬉しいです。

まとめ

見えない存在、謎の多い存在だからこそ、探究心や知的好奇心をそそられるのでしょうか。

妖精はとても人気があるように感じております。

私はスピリチュアルカウンセラー・リーダーとして数多くの妖精と触れ合ってきました。

日本だけでなく、世界中の妖精と触れ合ってきたのです。

ですので妖精のことで何か質問・疑問などがあれば是非私までご相談いただければと思います。

すぐにあなたの疑問を解消して見せましょう。

相談&初回限定のみ鑑定は無料、そして期間限定でお友達登録&YOUTUBEチャンネル登録してくださった方は有料note記事一つをプレゼントいたします! お気軽にご相談ください。また私の鑑定スタイルなどについてはこちらを参照ください。 ご相談者様からの口コミ・評価についてはこちら また、お得な鑑定のプランも複数用意しておりますので、こちらもよろしければチェックしてみてください。
note(ノート)

私、メンター晶がサークル会員の皆様へ向けて行うことは以下の通りとなります。 スピリチュアルスタンダードプランの会員様の…

友だち追加
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG