子安神社 強い安産のご利益がいただける八王子のパワースポット

今回は東京都八王子市にあるパワースポット、子安神社について紹介していきます。

子安神社について

八王子、子安神社は八王子最古の神社にしてパワースポットです。

759年に皇后の安産祈願のため創建されました。

祀られている神々は木花開耶姫命天照大神、素戔嗚尊、奇稲田姫命、大山咋命

と、それぞれ強力な力を持った高名な神様方ばかりです。

ご利益について

子安神社でいただけるご利益は「安産」はもちろん、境内に末社五社がまつられていることから

「咳止め」「歯痛」「商売繁盛」「眼病」「健脚」など、健康面のご利益もいただけます。

また、それ以外にも様々なご利益がいただけます(これに関しては後述いたします)

「安産」のご利益は私の知る限り、都内の神社の中でも最も大きなものとなります。

実際に行かれるのが一番ですがお時間がない方、遠くて実際に行かれるのが難しい方は私が撮影したこちらの動画で遠隔参拝を行いましょう。

また、これから行かれる予定だという方も事前に遠隔参拝しておくことをお勧めいたします。

遠隔参拝をした後に実際に参拝することで得られるご利益が倍増いたします。

アクセス

JR八王子駅北口より徒歩5分
京王八王子駅西口より徒歩1分

境内に駐車場はありませんが、子安神社の近くに有料の駐車場はあります。

お車でアクセスする場合はその有料駐車場を利用するといいでしょう。

境内の様子

子安神社は街の中にある神社です。

人通りの多い街中に突然こちらの大きな鳥居が飛び込んできます。

まずは鳥居を潜る前に一礼をしましょう。

鳥居

子安神社はまさに都会のオアシスです。

一歩、鳥居の中へと入ればその中が神域であることが、よく理解できると思います。

鳥居の中へ進むだけで空気が変わるのが、霊感のない方でも感じられるはずです。

まずは大きく深呼吸をして、エネルギーを取り込みましょう。

そして少し進むとまず目に入ってくるのがこちらの御神木です。

御神木は直接触れることでパワーを得られるものと、見ることでパワーを得られるものとにわかれますがこちらは後者のタイプです。

上から下までじっくりと眺め、手を合わせましょう。

御神木

子安神社は縁結びの神社でもあります。

縁結び

神水殿

子安神社では「安産祈願」を受けることができます。

子安神社 公式サイト

八王子最古の神社 子安神社…

10000円以上の安産祈願を受けることで底の無い柄杓を受け取ることができ、この神水殿にある水を柄杓ですくうことでより強い安産のご利益をいただくことができます。

当然、底のない柄杓で水をすくいあげても水は全てこぼれ落ちてしまうわけですが、これは「するっ」と新しい命が生まれ落ちるように、という意味が込められております。

神水

続いて神殿の右手にあるこちらの鳥居を潜ります。

鳥居を入って右手すぐにあるこちらの小さな社が「厳島神社」です。

祀られている神様は市杵嶋姫命という芸能の神様です。

そのため、芸能関係者の方々もたびたび訪れるといいます。

そして大きな池もあります。

池には大きな鯉や亀が泳いでおります。

鯉は「出世」「忍耐強さ」「金運アップ」「生存力アップ」

亀は「長寿」「金運アップ」

などのパワーを持つスピリチュアルな動物にして神様の使いでもあります。

彼らも御神木同様「眺めるだけでで」そのありがたいご利益をいただけます。

池の鯉や亀は最低10分以上は鑑賞されることをおすすめいたします。

池

また、子安神社の湧水は「大明神の池」と呼ばれ、常に豊富な水をたたえ、涼や癒しを求める人たちの憩いの場とされてきました。

八王子市が誕生した大正6年ごろの明神町は浅川まで見渡せる田園風景が広がり、子安神社の湧水が流れ出た小川には水車が廻り、精米などに利用されてきました。

この付近は古来から湧水が豊富でかつては織物工場や色染学校などがたくさんあったようです。

水質の良さは現在も受け継がれており、この湧水からは「癒し」のご利益もいただけます。

飲用には適しませんが、その水のゆらぎを眺めるだけでもしっかりとした癒しの効果は得ることができます。

訪れた際は湧水そのものもゆっくりと眺めてください。

湧水

拝殿

そしていよいよ拝殿です。

あなたは正しい作法をご存知でしょうか?

それをお伝えいたします。

賽銭箱の前まで着ましたら、以下の二礼二拍手一礼の作法で拝礼してください

「まず賽銭箱にお賽銭を入れたら、軽く会釈をしましょう」
「それから姿勢を正し、腰を90度に曲げる深い礼を二度行います」
「胸の高さで二拍手し、両手を合わせ神様に感謝の思いをお伝えください」
「お祈りが終わりましたら、腰を90度に曲げ、一礼をします」
「最後に軽く会釈を行い、その場を離れます」

これが正しい作法です。

祈願の前にこちらを是非しっかりと行っていきましょう。

本殿

そして子安神社はこれで終わりではございません。

もう一つの境内が実は拝殿横にあるのです。

こちらも見逃さないようにしましょう。

境内に入ってまず正面に飛び込んでくるのが金比羅神社。

全国に無数にある金比羅神社ですが、こちらでは大黒天と縁深く「金運・商売繁盛」のご利益がいただけます。

末社五社

続いて見るべきはこちらの末社五社です。

それぞれ小さな社に五人もの神が祀られております。

1人ずつ説明していきます。

石神社・・・祭神は、大国主の協力神「少彦名命」で、咳止めの神様です

白山神社・・・祭神は、「白山比咩命」で、歯の守り神、歯痛みのご利益がいただけます。

稲荷神社・・・祭神は、保食神で生業・商売の神様。商売繁盛のご利益がいただけます。

御嶽神社・・・祭神は、「国常立尊」で、眼病の神様ですので眼病治癒のご利益がいただけます。

第六天神社・・・祭神は、神代七代の六代目「面足尊と惶根尊」で、足腰の神様で健脚のご利益がいただけます。

 

末社五社

続いて参拝していただきたいのは葦船社

こちらに祀られている神様は日留子神様です。

こちらの日留子神様は商売繁盛の神様ではありますが、流産などで現世に生まれることができなかった小さな子達の霊(水子)を守護し、供養する神様でもあります。

まとめ

子安神社は広い神社とはいえません。

しかし冒頭でお伝えしたように都内のパワースポットの中でも「安産」のご利益は飛び抜けたものがございます。

また小さいながら安産以外のご利益も多くいただけること、そしてアクセスもよく気軽に参拝できることからもおすすめできるパワースポットといえます。

安産祈願の他に仕事などで疲れ癒しが欲しい方。

不幸なことが連続しておきて嫌気がさしている方には特に訪れていただきたいです。

 

相談&初回限定のみ鑑定は無料ですので、お気軽にご相談ください。また私の鑑定スタイルなどについてはこちらを参照ください。 友だち追加
本殿
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG